So-net無料ブログ作成

さっぽろ雪祭り2016|日程や期間|見所や注意点は!? [イベント]

今や日本の冬の風物詩となった「さっぽろ雪祭り」[exclamation×2]

毎年、大勢の方で賑わいを見せますね[るんるん]

さて、今年のさっぽろ雪祭りの日程や期間はどうなっているのでしょうか!?

67top_l_poster.png

【大通会場・すすきの会場】
2016年2月5日(金)〜2月11日(木・祝)

【つどーむ会場】
2016年2月5日(金)〜2月18日(木)

大雪像を演出する幻想的な「プロジェクションマッピング」や、真っ白い初音ミクの雪像「雪ミク」だったりと、毎年見所が満載です[ひらめき]

そこで今回は、さっぽろ雪祭り2016を楽しむために、

・2016年のさっぽろ雪祭りの基本情報
・さっぽろ雪祭りの見所
・さっぽろ雪祭りの注意点

などを紹介します。

冬のイベントはこちらもチェック
クリスマスオンアイス2015|詳細や見所は?
USJクリスマスライブショー2015〜2016開催|期間やイベント内容は!?



さっぽろ雪祭りとは


odori-street-early-night.jpg

まずは、さっぽろ雪祭りの基本情報です。

さっぽろ雪祭り(Sapporo Snow Festival)は、北海道で毎年2月に開催される雪と氷の祭典です。
始まりは1950年であり、その歴史は半世紀以上に渡ります。

会場は、札幌市内の大通公園を始め、札幌市のスポーツ交流施設「つどーむ」会場、南4条から南6条通りまでのすすきの会場など計3カ所で行われます。

北海道のみならず、日本全国や海外からも観光客が訪れる北海道最大規模のイベントです。


【大通会場・すすきの会場】
2016年2月5日(金)〜2月11日(木・祝)

【つどーむ会場】
2016年2月5日(金)〜2月18日(木)

2016年の開催は、【つどーむ会場】のみ期間が延長されています。

なお、ライトアップは、大通会場は22:00まで、すすきの会場は23:00まで、
つどーむ会場は、開催時間が9:00〜17:00となっています。


スポンサーリンク



さっぽろ雪祭りの見所は


さっぽろ雪祭りの最大の見所はなんといっても雪像です!
氷で演出された芸術は圧巻で、一見の価値があります[ぴかぴか(新しい)]

しかし、毎年多くの雪像(200体弱)があるため、その全てを見ることは難しいかもしれません。
そこで、必ず見るべき雪像を紹介します。


【大雪像のプロジェクションマッピング(大通り会場)】

2013年から始まった大雪像にむけたプロジェクションマッピングです。
さっぽろ雪祭りの目玉となるため、ここははずせません。

snow-festival-night-mix.jpg

白い雪像のスクリーンに尽くし出される光と雪のコラボレーションは必見です[ひらめき]
残念ながら毎年、詳細は直前まで発表されないので、
さっぽろ雪祭り公式サイトをチェックしてください。

さっぽろ雪祭り公式ホームページ



【氷像のライトアップ(すすきの会場)】

先ほどは雪像を紹介しましたが、こちらは氷像です。

002514.jpg

幻想的な氷像がライトアップされており、光り輝く氷像に感動します。
また、氷像の中には、「鮭」や「蟹」などの北海道を代表する展示品が埋め込まれたものもあります。

なお、すすきの会場では、毎年「氷の女王」ということで、付近で働く美人さん2名が選出され、撮影会なども行われていますよ[わーい(嬉しい顔)]



さっぽろ雪祭りの注意点は


【混雑状況について】

どんなイベントでもそうですが、週末や最終日は大変な混雑となります。
混雑しているとやはり、雪像などの展示を見るのも人で溢れかえり一苦労です。
さらに、平日であっても街中ということで夜は大変な混雑となります。
なので、平日の昼間が一番の狙い目になります!

ただ、誰だって夜の幻想的な雪像のプロジェクションマッピングなども見たいですよね。
であれば、日没である16:00など早めに到着すれば混雑は避けられます。


【服装や持ち物について】

お祭りとはいえ、会場は日本で最も寒い北海道です。
防寒対策は欠かせません。

この時期の北海道の平年の気温を見てみると、
20時頃では、確実に氷点下です。
寒い日では、-10℃なんて日もありますので要注意。

止まって見物するので、なお寒く感じるでしょう。
ダウンジャケットや、重ね着などは当然のこと、
ニット帽、耳当て、手袋、厚手の靴下などの細部にまで気をつけましょう。

また、足元は雪で滑りやすいです。
ヒールなどは避け、歩きやすい、そして浸みてこないような靴を選択しましょう。



その他の楽しみ方


恋人と幻想的な夜を....
という方は、大通会場やすすきの会場でライトアップなどを見るのが良いでしょう。

家族連れの方などには、【つどーむ会場】がオススメです[グッド(上向き矢印)]

見るというよりは、雪で遊ぶアトラクションが豊富です。

tsudome.jpg

・巨大なチューブ滑り台
・雪の迷路
・スノーラフト

などアトラクションが満載です。
子供だけでなく、大人も楽しめちゃう本格アトラクションです[るんるん]



雪像を見たり、アトラクションで遊んだり、歩き疲れるとお腹が空きますよね。

そんな時は、【大通会場】の真ん中「北海道★食の広場」がオススメです。

たくさんの屋台が所狭しと並んでいますが、
公募制で選ばれた北海道各地の厳選されたおいしい食べ物が並びます[exclamation]

こちらは公式Facebookページがあるので、ぜひご参照ください。
北海道・食の祭典・Facebookページ


スポンサーリンク



まとめ


さっぽろ雪祭り2016を楽しむために、

・2016年のさっぽろ雪祭りの基本情報
・さっぽろ雪祭りの見所
・さっぽろ雪祭りの注意点

などを紹介しました。

何を見ていいか分からなかった人も少しは的を絞れたでしょうか!?

せっかく遠方から行くのであれば、確実にポイントを押さえたいところ。

必ず予習を忘れずに臨みましょう!

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。